確定拠出年金での運用商品の変更方法~理論編~

2020年3月16日投資信託・ETF, 資産運用確定拠出年金, 配分変更, スイッチング

この記事は約 4分で読み終わります。

こんにちは、ばらかん(Twitter : @barakam63)です。

新卒で入社してすぐに確定拠出年金(企業型)に加入したのですが、こんなことがありました

先輩社員

これからは資産運用することが大事で~
(長いので割愛)

ばらかん

へぇ~、資産運用か~

先輩社員

それでは運用する商品を選んでください

ばらかん

えっ?
投資やったことないし、
選び方分からないんだけど?!

企業型DCは説明を受けた後にその場で商品を選ばなければいけないという、投資未経験者へ無茶ぶりが凄かったのです。

投資の勉強をして運用商品を変更しましたが、確定拠出年金は変更方法が少し特殊でした

そこで、今回は「確定拠出年金で運用商品を変更する方法」をお話ししたいと思います。

また、本記事の内容は理論編と実践編で構成されます。本記事は第一段階の理論編になります。

>> 実践編はこちら

>>「確定拠出年金って?」という方向けの記事はこちら

こんな疑問を解決します

・確定拠出年金の商品を変更したい
・配分変更とスイッチングの違いが分からない

スポンサーリンク

確定拠出年金の商品変更方法

確定拠出年金には「配分変更」と「スイッチング」という手続きがあります。

それぞれの意味は、

配分変更 : 月々の購入商品とその金額を変更する手続き
スイッチング : 現在保有している商品を売却して別の商品を購入する手続き

なんとなく似たような2つの手続きですが、中身は異なります。

そこで、今回は具体的な数字で理解していきましょう!!

今回は以下のような状態からスタートすることを仮定します。

・月1万円を拠出
・1万円のうち50%は商品A(5000円)、50%は商品B(5000円)に拠出
・これまで1年間積立てしている
 - 商品Aの積立額は6万円
 - 商品Bの積立額は6万円
・イメージしやすいように利回りは考慮しない

つまり、最初の資産状況をグラフで表すとこんな感じです!

配分変更

配分変更は、月々の購入商品とその金額を変更することです。

手続きの例としては、

① 次回からは商品Aに7500円、商品Bに2500円で拠出しよう
② これまで商品Bを買っていたけど、来月からは商品Cを買おう(拠出額はAが5000円、Cが5000円)

①のパターンで手続きを行うと、次の月で資産は以下のようになります。

分かりやすい解説

A : 6万円 + 7500円(拠出分) = 6.75万円
B : 6万円 + 2500円(拠出分) = 6.25万円

Aの拠出割合を高くしたので、資産全体に占める割合もAが高くなります。

ばらかん

Aは7500円、Bは2500円で買うように配分変更したからですね!

次にパターン②の場合は以下のとおりです

分かりやすい解説

A : 6万円 + 5000円(拠出分) = 6.5万円
B : 6万円のまま(拠出なし)
C : +5000円(拠出分)

注意点としては、配分変更だけではすでに保有している商品とその資産額は変わりません

ばらかん

これまで積み立てた商品は売却しません(^O^)

のちほど説明しますが、「BをすべてCに変更したい!」という場合には、配分変更とスイッチングを同時に行う必要があります。

スイッチング

スイッチングは、現在保有している商品を売却して別の商品を購入する手続きになります。

手続きの例としては、

保有している商品Bをすべて売却して、商品Cを購入する

この手続きを行うと次の月には以下のようになります!

分かりやすい解説

A : 6万円 + 5000円(拠出分) = 6.5万円
B : 6万円 – 6万円(スイッチング分) + 5000円(拠出分) = 5000円
C : +6万円(スイッチング分)

スイッチングの注意点は、月々の拠出先は変わらないということです。

上の例ではBをCにスイッチングしましたが、配分変更をしていないため月々の拠出はBに行われます。

ばらかん

スイッチングでは月々の拠出先は変更できない!

商品を完全に切り替える

保有している商品と月々の拠出先両方を変更したい場合があると思います。

今回の例ではこのようなケースです

・月々の拠出はAを5000円、Cに5000円に変更
・Bをすべて売却してCを買う

資産の状態としては「Aが50%、Cが50%になるようにしたい」という意味ですね

図で表すと以下のようになります!

このような状態にするためには、配分変更とスイッチングを同時に行う必要があります

今回のパターンであれば、

・月々の拠出をAに5000円、Cに5000円に変更
 → 配分変更
・Bをすべて売却してCを買う
 → スイッチング

ばらかん

資産状況をどうしたいかで、使い分けが必要です!

最後に

今回は確定拠出年金の運用商品を変更する方法を紹介しました。

今回はあくまで理論の話しをしました。

実際の画面を使った説明は、以下の記事に掲載していますのでぜひ読んでみて下さい。

それでは、今回の内容はこれで終わりになります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ではでは、('ω’)ノ

スポンサーリンク