ノートPCを4万円安く買う方法

2019年11月16日SEの日常, ビジネス, 雑記

この記事は約 7分で読み終わります。

こんにちは、ばらかん(@barakam63)です

今日は、DELLのノートPCをお得に購入する方法をご紹介します。DELLと言えばLenovo(レノボ)、HPに並ぶ世界のトップPCメーカーですね

わたしが現在使用しているノートPCもDELLのパソコンです。買ってみてわかったのですが、DELLのノートPCって結構安く買えるんです^_^

こんな方にはぜひ読んでいただきたいです

● これからノートPCを買う/買い換えようと思っている
● ノートPCを少しでも安く買いたいと思っている

スポンサーリンク

パソコンの価格は何で決まる?

みなさんがパソコンを買うときって家電量販店で実際に商品を見て、スタッフの方に説明を受けて、購入するという流れが多いと思います。

ただ、もしここで

「店員さんがそう言うなら」という感覚で買ってはいませんか?

「どのパソコンも同じぐらいの値段だし」という感覚で買っていませんか?

思い当たる節がある方は、少し損をしているかもしれません。まず、パソコンを購入するときの代金が何で構成されているかを考えてみましょう。

主にこの4つになると思います。

  • パソコン本体
  • Office製品 (Word、Excel、PowerPointなど)
  • ウイルス対策ソフト (McAfee、ウイルスバスター、ノートンなど)
  • その他オプション(保障関係のもの)

この4つのうち、パソコン本体については店舗価格より「安くする」ことが可能です。また、Office製品、ウイルス対策ソフトについては「購入しなくて良い可能性」があります。

では、詳しく説明していきます。

ノートPCの本体価格について考える

DELLのノートPCを購入する方法は主に3つあります。

  • 家電量販店で店舗に並んでいる商品を購入する
  • DELLのオンラインサイトで購入する
  • DELLのリアルサイトで購入する

それぞれメリットとデメリットがありますが、本体価格についてはオンラインサイトかリアルサイトが安いです。それでは、説明していきます。

家電量販店で購入する

まず、家電量販店で購入することができる際のメリット、デメリットはこちらです

メリット

●わからないときには、店員さんの説明を受けることができる
●実物を見て、実際に操作することができる

●当日持ち帰りが可能
●他のメーカーとの比較ができる

デメリット

●価格が高い
●人気のモデルが中心のため種類が少ない
●店舗に在庫がない場合には購入できない
●不要なソフトがインストールされている場合がある

パソコンに詳しくない方や、自分で考えたり調べるのが面倒くさいという方には家電量販店での購入が合っているかもしれません。

ただ、個人的にはこの方法は「安く購入する」という点では物足りないものになります。そのため、身近にいる詳しい方に相談した方が良いでしょう

DELLのオンラインストアで購入する

つぎに、DELLのオンラインストアで購入する場合についてご紹介します。

オンラインストアの最大のメリットは、クーポンが使えるところです!15%OFFになるクーポンもあるので、非常にお得です。※割引率は商品や時期によって変動します。

また、DELLのオンラインストアでは「即納モデル」と「BTOモデル(注文を受けてから工場で組立)」があります。

即納モデルの場合には注文を受けてすぐに出荷されるので、商品が届くまで最短で翌日届きます。BTOモデルの場合は注文を受けてから工場で組み立てが始まるので商品が届くまで2週間ほどかかると考えてください。

メリット

●クーポンなどを利用して安く購入できる
●すべてのモデルが購入可能
●購入時にカスタマイズが可能(Officeの有無、メモリなど)
●即納モデルの場合は最短翌日受取り

デメリット

●実際に操作できない
●BTOモデルの場合は、商品が届くまで2~3週間かかる

DELLリアルサイトで購入する

最後に、DELLリアルサイトでの購入です。DELLリアルサイトとは、店舗でオンラインサイトを使って購入する方法です。個人的に一番おすすめの購入方法になります。

DELLの販売員の方が専用のパソコンを操作して注文をする、店舗とオンラインストアの合体版のような販売形態です。DELL専門なのですべてのモデルを購入できます。また、店舗型なので実際に操作も可能です。

オンラインサイトと違ってクーポンの利用はできませんが、営業割引をしてくれます。わたしもリアルサイトで購入しましたが、1万円ほど割引してくれました。ただ、割引率はクーポンの方が良いかなという感覚です笑

メリット、デメリットはオンラインストアとほぼ同じですが、リアルサイトは店舗数が30店舗程しかありません。

しかも、そのほとんどが東京、神奈川です(18店舗/30店舗)。そのため、地域によっては利用が難しい可能性があります。

メリット、デメリットをまとめると、

メリット

●実際に操作ができる
●専門家の説明を聞くことができる
●営業割引がある
●即納モデルの場合、最短翌日に商品が届く
●購入時にカスタマイズが可能(Officeの有無、メモリなど)
●すべてのモデルが購入可能

デメリット

● クーポンに比べると割引率は低い
● BTOモデルの場合は、商品が届くまで2~3週間かかる
● 店舗数が少ない

リアルサイト店舗一覧

Office製品の購入について考える

つぎにOffice製品(Word、Excel、PowerPointなど)についてのお話しをします。

ノートPCを買うときにはOfficeが付属されているものとされていないものがありますが、そもそも購入する必要があるかを確認することで出費を抑えることが可能です。

「そもそもOffice使うのか?」、「ライセンスが残ってないか」という観点でご説明します

Office製品を使わない場合

そもそもOffice製品使いませんという方もいらっしゃると思います。そういう方は必ず「Office製品がついていない」ノートPCを購入しましょう。量販店の場合は価格と一緒に記載されています、見てもわからない場合には店員さんに必ず聞きましょう

ライセンスが残っている場合

Office製品は、1ライセンスで複数台のノートPCで利用できます。

たとえば、家族が以前購入したOfficeのライセンスが1台分余っていたなどの場合には、残りの1台分のライセンスを利用できます。

つまり、Officeの購入代金が不要になります。

Office製品の価格はWord、Excel、PowerPointなど最低限のライセンスでも30,000円ほどかかります。※Excelのみ、Wordのみの場合でも10,000円ほどはかかります。

正直、バカにできない出費ですよね?

これだけの金額なので、残っているライセンスがないかを必ず確認しましょう。

ウイルス対策ソフトの購入について考える

最後に、ウイルス対策ソフトの話をします。ウイルス対策ソフトはセキュリティの面で必ずノートPCにインストールしましょう。

そのため、「そもそも使わない」という考えはありませんが、Office製品と同様に1ライセンスで複数台利用可能です。

したがって、家族がすでに購入していてライセンスがある場合には購入せず、すでにあるライセンスを利用しましょう!

では、購入しなければいけない場合どうすればについて説明します。

McAfee、ウイルスバスターやノートンなど主要なウイルス対策ソフトの正規価格は、3年ライセンスで大体10,000~15,000円になります。

そのため、キャンペーンなどを積極的に利用しましょう。わたしの場合は、DELLとMcAfeeが提携していたため、3年ライセンスを6,000円で購入できました。

最後に

ここまで、パソコンの購入方法、Office製品、ウイルス対策ソフトという点からお得にノートPCを購入する方法を説明してきました。

まとめると、

● パソコン本体はDELLのオンラインサイトまたはリアルサイトを利用すると、最高で約15%安く買うことができる
● Office製品とウイルス対策ソフトは1ライセンス複数台利用できるので、残っているライセンスが無いか確認する
● ウイルス対策ソフトを購入する場合にはDELLのオンラインサイトまたはリアルサイトでMcAfeeを購入すると安い

Office製品とウイルス対策ソフトのライセンスを確認して、ともに購入不要になるだけで約40,000円もお得に購入できます。 (Office製品30,000円 + ウイルス対策ソフト10,000円として計算)

さらにクーポンや営業割引を利用すれば、1〜20,000円の割引を見込めるので、結果的に約5〜60,000円お得に購入できます

ぜひ、ノートPCを買う際には活用してみてください

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ではでは、('ω’)ノ

スポンサーリンク