最低限必要なPCのセキュリティ対策を解説します

2019年10月28日SEの日常

この記事は約 5分で読み終わります。

こんにちは、ばらかん(@barakam63)です。

今回はPCを使うのであれば最低限やっておくべきセキュリティ対策についてお伝えします。

インターネットが普及し、情報漏洩やウイルスの脅威が増している現代ではセキュリティ対策は必須です。そこで、何をしなければならないかを現役エンジニアが解説します!

こんな方にはぜひ読んでいただきたいです。

● 日常的にPCをインターネットに接続している
● PCを喫茶店などのフリーWi-Fiに接続している

スポンサーリンク

セキュリティ対策の概要

セキュリティ対策としてやるべきことをまとめました。以下の作業は月に1回は必ずやりましょう。

やるべきこと

① Windows Update
② ウイルス対策ソフトの更新
③ ウイルス対策ソフトによるスキャン

順に解説していきます

Windows Update

Windows Updateとは、OSやOffice製品などのプログラムで発見されたセキュリティ上の脆弱性(バグ)を修正するためのものです。

Microsoftでバグの修正が行われると、インターネットに接続しているPCは自動で修正版プログラムを発見します。Windows10の場合は、自動でダウンロードとインストールを行ってくれます。

実施するタイミングは、以下になります。

● PCを新規で購入したとき
● 月1回 目安は第2水曜日以降

新規で購入した場合には、新品でも中古でもやりましょう。

また、Windows Updateは第2水曜日を目安に公開されます。そのタイミングで更新プログラムの確認をし、Windows Updateを実行します。

ウイルス対策ソフトの更新

ウイルス対策ソフトも更新が必要です。その理由は、PCの挙動をおかしくするようなプログラム(マルウェア)が日々発見されています。

新しく発見されたマルウェアに対応するために、ウイルス対策ソフトもプログラムが更新されています。その更新を自身のPCに反映させるために、ウイルス対策ソフトの更新を行います。

実施タイミングは、以下になります。

● ウイルス対策ソフトをインストールしたとき
● Windows Updateを実施するのと同じタイミング

ウイルス対策ソフトによるスキャン

ウイルス対策ソフトによるPCのフルスキャンを行いましょう。フルスキャンはPC内のすべてのファイルをチェックし、ウイルスの可能性のあるファイルを検出してくれます。

実施タイミングは、以下になります

● ウイルス対策ソフトをインストールしたとき
● PC起動中

2つめのPC起動中についてもう少し詳しく説明します。

ウイルス対策ソフトは「スキャンを毎日●●時に実行する」という設定が可能です。

そのため、設定さえしておけばPCを起動しているときに、設定した時間になったら自動でスキャンを実行してくれます。

インターネットを利用する上で気をつけること

つぎに、日常でインターネットを利用する上で気をつけるべきことを解説します。

フリーWi-Fiはできるだけ使わない

喫茶店や駅構内などでフリーWi-Fiを使えるスポットが増えてますが、よっぽどの事情がない限りは使わない方が良いです。

フリーWi-Fiは誰でも利用できるという性質上、以下のような危険性があります。

● 閲覧しているWebサイトのURLや履歴を覗き見される
● 個人情報の盗み見
● ウイルス感染を狙ったメールを送りつけられる

誰でも使えるフリーWi-Fiだと、通信を簡単に傍受されてしまいます。そのため、個人情報の盗み見も十分に可能性として考えられます。

特に、鍵マークが付いていないフリーWi-Fiは絶対に利用しないようにしましょう!

URLの先頭がhttpのサイトにはアクセスしない

WebサイトのURLの先頭が「http」で始まるサイトは使わないようにしましょう。

「http」だと、フリーWi-Fiと同様に個人情報を覗き見される危険性があります。

そのため、「https」ではじまるサイトを閲覧するようにしましょう。httpsはPCとWebサイトの通信を傍受されないようにしているものになります。

知らない宛先からのメールは無闇に開かない

見に覚えのないアドレスからメールが来た経験のある方はいらっしゃいますでしょうか?

アルファベットの羅列など、明らかに知らない人から来るメールです。

キャリアのメールやYahooメールは迷惑メールに振り分けてくれますが、振り分けられず受信ボックスに入ってくることもあるかと思います。

そのような場合にはメールを開かないようにしましょう。もし、開いてしまっても添付ファイルをダウンロードしたり、本文中のリンクをクリックは絶対にやってはいけません。

ウイルスに感染するか、悪意のあるWebサイトに繋がり情報を取られる危険性があります。判断が難しい場合には、周りの人に聞いてからメールを削除するなりの対応をしましょう。

まとめ

これまでの内容をまとめるとこのようになります。

① Windows Updateとウイルス対策ソフトの更新は第2水曜日に行う
② ウイルス対策ソフトのフルスキャンは毎日実行するよう設定する
③ フリーWi-Fiは極力使わない。使うときは鍵マークがあるフリーWi-Fiを使う
④ 知らない宛先からのメールは開かない。開いても添付ファイルやリンクは絶対に開かない。

インターネットに接続することが当たり前になっているからこそ、セキュリティへの意識を高めていきましょう!

また、本日ご紹介した対策については別の記事で画像付きで手順を公開します!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ではでは、('ω’)ノ

スポンサーリンク