【資産運用】投資信託って安全なの?

2019年11月30日資産運用投資信託, 資産運用

この記事は約 4分で読み終わります。

こんにちは、ばらかん(@barakam63)です。

今回は、投資信託の安全性についておはなししたいと思います。

こんな方にはぜひ読んでみてください

● 投資信託をはじめようと思うけど、危なそうで怖い
● 投資信託を買う上でのリスクってどんなものがあるか分からない

早めの回答です

● 投資信託で資産がゼロになる可能性は限りなく低い

スポンサーリンク

損はするけど、ゼロになる可能性は低い

投資信託で損をする可能性はあります。解約時の基準価額が買った時よりも低ければ損になります。

しかし、基準価額がゼロになって資産がなくなるかというと可能性は低いです。

基準価額がゼロになるということは、投資している企業などが倒産して株式や債券が紙切れ状態になることです。

しかし、投資信託の場合はいろいろな企業に分散投資しているため、1つの企業が倒産したからと言って基準価額がゼロになることはありません。

さらに、投資しているすべての企業が倒産する確率を考えると基準価額がゼロになる可能性は極めて低いと考えられます。

まとめると

●解約するときの基準価額が、買った時の基準価額より低くなると損をする
●基準価額がゼロになる可能性は限りなく低い

投資で損をするとき

投資信託に限らず投資をしていると元本割れ(損をする)は付きまとうものです。では、どういうときに損をするのかを簡単にお話しします。

価格が下落して元本割れしたとき

自分が株式や債券などを買った金額よりも値下がりして、現在の金額が買った時よりの金額よりも低くなったときです。これは投資をしていれば当たり前のように起きることですね。株式、債券、FX、不動産、投資信託などすべての金融商品に言えることです。

価格が変動するリスクはいろいろありますが、

  • 景気が悪くなった
  • 社会情勢の変化で企業の業績が悪化した
  • 為替変動によって通貨の価値が下がった

が代表的なリスクですね

投資先の企業が債務超過で上場廃止したとき

投資している企業が債務超過で上場廃止、つまり、株式が市場で取引できなくなる場合にも損になる可能性が高まります。

企業が借金を抱えすぎて債務超過となっていると、倒産か100%減資で再建を図ります。そして、この責任は投資家(株主)に降りかかってきます。

そうなると、いままで持っていた株式の価値がゼロ(ただの紙切れ状態)になってしまいます泣

まとめると

●元本割れリスクはどの投資でもあり得る
●企業の倒産によって株式が紙切れになる可能性がある

投資信託のしくみ

まずは、投資信託の仕組みを説明します

投資信託は、投資家が払ったお金をつかって、運用会社が投資して利益を投資家に分配するという仕組みです。

絵にして描いてみるとこんな感じです

販売会社は銀行や証券会社のように投資信託を販売している場所です。

信託銀行は投資家のお金を保管し、運用会社の指示を受けて実際に株式などの売買を行います。また、信託銀行は投資家から預かったお金(ファンド)を管理する役割も持っています。

運用会社は信託銀行に指示を出す司令塔です

投資信託に関わる会社が倒産したら?

投資信託は販売会社、運用会社、信託銀行が関わっているのは分かったけど、「販売会社や運用会社、信託銀行が倒産したらどうなるの?」という疑問に答えていきたいと思います。

販売会社が倒産したら

販売会社が倒産しても、投資家の資産がなくなることはありません。なぜなら、お金の管理をしているのは信託銀行だからです。販売会社が倒産すると、別の販売会社に販売権が移って続けて取引を行うことができます。

運用会社が倒産したら

販売会社と同じで運用会社が倒産しても、投資家の資産がなくなることはありません。理由も同じで信託銀行がお金の管理をしているからです。

運用会社が倒産すると別の運用会社が指示を出すか、繰上償還されます。繰上償還とは、当初の予定より早く投資信託の運用を終了して投資家にお金を返します(償還金といいます)。

信託銀行が倒産したら

では、お金を管理している信託銀行が倒産したらというと、、、

投資家のお金はゼロにはなりません

信託銀行が倒産すると、倒産した時の基準価額で解約するか別の信託銀行と交代になります。

まとめると

●販売会社、運用会社、信託銀行が破綻してもお金はゼロにならない
●繰上償還や解約でお金として戻ってくるか、別の会社と交代になる

最後に

ここまで、投資信託のリスクや安全性についていろいろ書いてきました。

すこしでも「勉強になった」、「わかりやすかった」、「投資信託に対しての印象が変わった」など思ってもらえたらうれしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ではでは、('ω’)ノ

スポンサーリンク